子犬を迎える準備 | 子犬販売のPUPPIES(パピーズ)

子犬を迎える準備

子犬が来てから慌てないように、事前に準備をしておくと安心です。
子犬が快適にすごせる事を意識しながら進めましょう。

①子犬のフード

子犬のフードは、できるだけ飼育していた先で食べていたものと同じものが良いでしょう。
食事に関する事は重要事項なのでお迎えする前に必ずお話があると思いますが、
予めこちらかも伺うようにして下さい。
フードを分けてもらえるか、銘柄や入手の方法、与え方などをご確認頂くと良いでしょう。

なお、フードにも安全な自然素材系のものや一般で入手できるもの、そうでないものがあったりします。フード選びもまた飼育の楽しみのひとつに感じて頂ければと思います。

②子犬の食器

子犬の食器は子犬が噛んだりしても噛み跡のつかないステンレスや陶器のもので、ある程度重さがあるものが良いと思います。

プラスチック製の食器は、素材が柔らかいため、噛み跡がつきやすく噛み跡からばい菌が発生して病気の原因にもなります。
また、食器をひっくり返すこともあるため、できるだけ重さがあるものを選ぶと良いでしょう。

③子犬の飲み水

子犬には、給水器で飲み水をあげると良いと思います。給水器にもいろいろ種類はありますが、ゲージやサークルに取り付けるものが便利です。毛やホコリが入らないため衛生的で、お留守の間やご家族の皆さんがお休みになられている時などでも清潔で新鮮なお水を与えることができます。

また、お水は水道水で大丈夫です。気になる方は浄水器を通した水道水を入れてあげるのが良いでしょう。

④子犬の飼育場所

子犬が快適にすごせて安心できる場所を確保するようにしてあげて下さい。小さい子犬の場合には、小さめ(60~90cm角)で屋根つきのゲージやサークルがあると良いでしょう。
犬は本来、うす暗く狭い場所や壁などのある場所が落ち着くと言われています。しつけ、お留守番のトレーニングにもなり、また人との主従関係をはっきりさせることができます。
また、屋根がついているとゲージの乗り越えやジャンプを防ぐことができて安心です。

なお、ゲージやサークルはお住まい近くの少し大きなホームセンターであればペットコーナーで実物を見る事ができると思います。お住まいの環境に合わせて下調べしておくと良いでしょう。

⑤子犬の寝床

子犬が寝る場所(ゲージやサークルの中)トイレシーツを敷き詰めた上に『毛布』や『バスタオル』を敷くだけで良いと思います。
トイレのしつけがしっかりできてからいろいろと用品を揃えられると良いでしょう。

また、寒い季節にはペット用のヒーターもあります。
その上に毛布かバスタオルなどを置いてあげると良いですね。

⑥子犬のトイレ

お迎えしたばかりの時は、トイレトレーを使用すると良いでしょう。トイレトレーには、ペットシーツを敷いて使用します。

なお、トイレトレーですが、子犬がペットシーツを噛んだり、破って食べたりできないようなメッシュ状のトイレトレーが良いでしょう。ペットシーツに含まれるポリマー(水分を吸収する素材)などの誤飲を防ぐことができます。

⑦子犬のおもちゃ

子犬にも人間の赤ちゃんと同じで、専用のおもちゃを与えてあげると良いでしょう。
子犬の成長に合わせて遊ばせながらしつけを覚えさせることができるおもちゃもありますので、お近くのペットショップやホームセンターなどでお選びになるのもまた楽しみのひとつになるかと思います。

ご家族の皆さんも可愛い子犬の遊ぶ姿に自然と笑顔になれることでしょう。

(2)お迎え後のお手入れやお手入れに関連するペット用品

①清潔を保つには?

シャンプーやリンスをしましょう。但し、シャワーができるようになるのは、ワクチンが終わって散歩ができるようになってからです。それまでは、濡れたタオルで全身を拭いてあげます。

また、シャンプーやリンスは必ずペット用の低刺激のものを使い、人間用のものは絶対に使用しないようにして下さい。

心配でしたらお近くのペットショップやご購入した子犬のブリーダーさん、ペットショップさん、ペット仲介さんに良く相談されると良いでしょう。

なお、シャンプーの頻度は、月1~2回が目安です。シャンプー後は風邪をひかないよう、しっかり乾かしてあげるようにしましょう。

②毛玉やほつれを取り除くには?

ブラッシングをしましょう。他にも、皮膚への刺激で新陳代謝を促す事ができます。また、日頃からこまめにブラッシングをしてあげると汚れや臭いを大幅に抑えることができます。

また、子犬がブラッシングに馴れていない場合は、ゴム製のラバーブラシが良いでしょう。ブラッシングによる静電気を嫌がる犬もいるため、そういった犬には静電気防止スプレーを併せてお使いになると良いと思います。

③爪が伸びてきたなと思ったら?

爪切りをします。爪を切る際は子犬をしっかり安定した場所で押さえてあげるようにして切ります。
ただ、特に体の小さい子犬や爪の黒い子犬の場合はどこまで切れば良いかわからない、切りにくいといった事があります。

また、爪のお手入れに併せて耳のお手入れもしてあげると良いでしょう。
耳のお手入れは専用のクリーナーがあり、コットンに適量とり拭いてあげるだけで大丈夫です。
耳垢は綿棒をお使いになられると良いと思います。

馴れないうちは、子犬のブリーダー、ペットショップ、ペット仲介の各事業者さんや専門の方に相談してみるのも良いと思います。

爪や耳のお手入れは小さい頃から馴れさせてあげたほうが良いです。また、どちらも面倒くさがらず定期的に行うようにしましょう。

(3)日常生活に役立つペット用品

①首輪やハーネスの選び方

日本では、飼い犬である事を示したりする意味でも絶対に必要なのが首輪です。また、急に人に飛びかかったりする事がないよう、リードで犬をつなぎ安全にお散歩を行うなどは大切な飼い主のマナーです。

高価なものでなくても良いので必ず揃えるようにしましょう。

子犬の頃は、軽くて幅の広いナイロン製の首輪が良いでしょう。成長と共にサイズを上げていきます。
お迎えしてすぐは環境に馴れていないため、しばらくは様子を見てからつけるようにしてあげて下さい。

ハーネスとは首から胴にかけて犬を包み込むようにつけるものを言います。首輪慣れしていない子犬や首回りより頭部の小さな子犬(ダックスフントなど)に向きます。

なお、災害時やもしもの時に備え、首輪に迷子札をつけておくと安心です。

②お散歩の際には?

首輪やリードをつける事も大切ですが、同じくらい大切なのがおトイレの後処理ができるものを持参することです。

これには、最低限ビニール袋とスコップさえあれば良いですが、きちんと処理したい場合は専用のおトイレ用品もありますのでお近くのペットショップやホームセンターでお選び頂くのが良いでしょう。

ペットを飼育するマナー(後処理をしない飼い主、無駄吠えによる騒音や悪臭など)は近年、社会的にも大きな問題となっています。

ペットを飼う人も飼わない人も、お互いに理解しあえる人と犬(ペット)とが共生できる住み良い環境づくりのためにも、まずは犬を飼う側の人から基本的なマナーを守る様に意識して取り組む事が大切です。

③子犬と一緒に移動する際には?

キャリー(クレート)を使うようにしましょう。特に公共交通機関を使用する際には必ず必要となります。

また、最近ではお洒落の一部としてデザイン性の高いペット用品も増えています。例えばドッグスリングといい、子犬を抱っこできるようなペット用品です。
お散歩途中で子犬が疲れてしまった場合などに便利です。

将来的に移動が楽に行えるよう早いうちに馴れさせると良いでしょう。