ブリーダーの子犬・犬に関するニュース・生活情報・コラムなど | 子犬販売のPUPPIES(パピーズ)

【人生を共に歩む犬】グレート・ピレネーズ

Pocket

59

日本ではグレート・ピレネーズと呼ばれる大型犬ですが、欧米ではピレニアン・マウンテン・ドッグという
名称が主流。
原産国はフランス。
起源はアジアのチベタン・マスティフと考えられています。

グレート・ピレネーズと人間とのかかわりは古く、紀元前6世紀ごろから標高の高い峻険なピレネー山脈で、牧羊犬として飼育されるようになったのだとか。
体高64㎝以上、体重41㎏以上という体格がもたらす強靭さで、放牧中に出会うオオカミやクマなどから
家畜を守ってきました。

グレート・ピレネーズの気質

60

グレート・ピレネーズには、理想とされる気質があります。
それは、護衛犬として求められた特徴ではありますが、飼い犬が使役犬としてではなく人生の伴侶としての役割を果たすようになった今でも、魅力として歓迎される物です。

群に害を及ぼす外敵にはひるまず挑みかかる勇気闘志を持ち、日頃は悠然とした身ごなしで落ち着き
を見せる。
穏やかでありつつも頑固
主人に対しては厚い忠誠心を持つ。
見知らぬ人間や犬に尻尾を振らない思慮深さはひとなつっこさとは無縁かもしれませんが、信頼関係を持つことが出来ればこれ以上ないパートナーとなるでしょう。

グレート・ピレネーズの毛並み

61

グレート・ピレネーズの毛色で人気があるのは白色ですが、元来は茶やグレーの斑があるもの。

鑑賞犬として純白の毛並みが選抜され、小型化が進んできた傾向がありますが、その結果本来の気質が失われる危機を迎えました。

現在では、再び大型に回帰する潮流が見られ、グレート・ピレネーズの美点とされた性格や能力を復活させようという動きが活発化しつつあるようです。
厳寒地の気候に耐えるべく、羊毛のような下毛と、固く長い上毛2重構造のため、もともと大きな体格がより大きく見えます。

アニメに登場したグレート・ピレネーズ

1980年代に日本で放送された「名犬ジョリィ」のジョリィは、グレート・ピレネーズ。
現地での呼び名に従って、「ピレネー犬」と呼ばれていました。

52回にわたって放映された名作アニメで、作中に描かれるジョリィと主人公は固い友情で結ばれます。
原作の舞台はピレネー山脈。
いかに人の生活に密接に関係のあった犬種であるかを物語る作品と言えるでしょう。

グレート・ピレネーズのしつけ

62

グレート・ピレネーズはその体格から、早い段階でのしっかりとした「服従訓練」が必要とされます。
番犬などに適性のある頑固な性質は訓練に適したものです。

もちろん、個性や能力によって学習速度は様々ですが、根気よく取り組んでください。
稀に吠え癖を持つ個体がいますが、基本的には寛容な性質の犬種です。

Pocket

カテゴリー