ブリーダーの子犬・犬に関するニュース・生活情報・コラムなど | 子犬販売のPUPPIES(パピーズ)

【犬のしつけの基本】 アイコンタクトを覚えさせよう

Pocket

17

犬をしつけるにあたって最初に教えておきたいのが「アイコンタクト」です。
犬の名前を呼び、こちら(主人)に注目させることがアイコンタクトとなるのですが、犬を危険から遠ざけるためにも必要な能力なのでしっかり身に着けさせるようにしましょう。

例えば、投げたボールを犬に取りに行かせる遊びを行っていた最中にも有効です。
「投げたボールが車道に出てしまった」という時にアイコンタクトが出来ていないと犬は夢中でボールを追いかけ、車道に出てしまうので大変危険です。

また、アイコンタクトは主従関係を犬に覚えさせる意味でも非常に効果的な手法だと言えます。
犬の世界では「主人は注目される存在である」というルールがあります。犬にとってのリーダー(主人)が名前を呼びこちらに注目させるたびに、犬は自分より主人のほうが上の立場であると認識します。

犬を危険から守るため、これからのしつけを楽にするためにもアイコンタクトを覚えさせましょう。
今回はアイコンタクトのしつけ方法についてまとめてみました。

褒めるしつけ

しつけの方法について聞くと「できなかったらお仕置き」というような考えの方が多いように感じます。
もちろんしつけの方法の一つでもあるのですが、アイコンタクトのしつけにおいては逆効果
名前を呼び、こちらを見ないと叱る・叩くなどを繰り返すと、犬は名前を呼ばれることを極端に怖がるようになり、名前を聞くと離れていってしまいます

18

名前を呼ばれ、主人をみることは「楽しいこと」という認識を犬にもってもらうことが大切です。
そのためには成功するたびに褒めてあげる、ご褒美をあげるなどのしつけ方が有効です。

名前の決め方

19

犬の聴覚は母音が聞き取りやすく、子音が聞き取りづらいという特徴があります。
そのため、犬の名前を付ける際に、聞き取りやすいシンプルな名前にすると良いでしょう。

大切な家族の名前ですから、こだわりを持ってつけたい気持ちはわかるのですが、あまり長くて難しい名前ですと、犬が自分の名前を認識できません。犬のためにも聞き取りやすい名前を付けてあげてください。

ハイビスカスちゃんなどの長い名前は犬にとって聞き取りづらい可能性があるので、マロンちゃんやコロちゃんなどがシンプルで聞き取りやすくてオススメです。
また、母音の中でも特にア・ウ・オが聞き取りやすいとされているので命名の際には意識してみましょう。

アイコンタクトのしつけ手順

それでは実践です。
まずご褒美を用意しましょう。おやつ・おもちゃなどが良いでしょう。
最初は静かな部屋などで、犬の名前を呼んでからご褒美をあげてください。これによって犬に「名前=楽しいこと」 という意識が生まれます。

そしてしつけの場所を、少しずつ犬が反応しにくい環境に変えていきましょう。
犬がそっぽを向いている時・主人に意識がいっていない時・犬にとって魅力的なものが多い場所などでしつけてください。

アイコンタクトはどんな環境でも対応できないといけないので、しつけの負荷を少しずつ高めて、アイコンタクトのレベルを上げていくことが重要です。
いきなり騒がしい場所までレベルを上げても難しいので少しずつステップアップさせていきましょう。

また、ご褒美の量を少しずつ減らしていくことも意識してください。
あまりご褒美をあげすぎると、犬にとってご褒美が当たり前になり、効果が薄れてしまいます。
最終的には褒め言葉だけにしましょう。

20

犬の集中力は10~15分が限度で、それ以上のしつけは犬にとって苦痛となります。
急激なしつけをしてもすぐには身に付きませんし、犬との信頼関係を損なう原因にもなるので、ゆっくりとしつけていきましょう。

Pocket

カテゴリー