ブリーダーの子犬・犬に関するニュース・生活情報・コラムなど | 子犬販売のPUPPIES(パピーズ)

かわいく、聡明、運動能力も高い【ボーダーコリー】の魅力!

Pocket

39

ボーダーコリーの特徴は、なんといってもかわいさ聡明さ、高い運動能力を持ち合わせていることではないでしょうか。
聡明ゆえに適度な警戒心を持ち、知的好奇心に溢れたとても賢い犬種と言えます。
それは、ボーダーコリーという犬種が生まれた背景と、深い関係があります。
そんなボーダーコリーの魅力についてご紹介しましょう!

ボーダーコリーが生まれたきっかけは?

40

19世紀イギリスの牧羊や牧畜では、さまざまな犬種が活躍していました。
そんな多くの犬の中から優れた牧羊犬を決める大会が、1873年に初めて開催されたのです。
その大会で、「ヘンプ」という名前の犬が活躍し、後にその賢さから「ボーダーコリーの父」と言われるようになります。

ヘンプは他の犬が吠えたり家畜を咬んだりして家畜を誘導していたのに対し、目で睨みをきかせ怯えさせる方法で家畜を誘導しました。

このような流れから1906年初めてボーダーコリーの基準が設定され、ボーダーコリーは外見よりも作業能力が重要視されるようになりました。

そのため現在でも、並外れたスタミナがある、俊敏性がある、骨格がしっかりとしている、長時間の作業後でも動きが鈍らない、などが優れたボーダーコリーの証となります。

そして1915年、牧畜犬と呼ばれていた犬に対してボーダーコリーという名前が正式に付けられました。

このような経緯から、ボーダーコリーは非常に優れた運動能力と、高い服従能力を持ち聡明な犬種として有名になったのです。

ボーダーコリーにはしっかりとした躾と環境を!

41

また、幼少期のかわいさから躾を厳しくしないまま成長してしまうと、頭が良いために、とても手を焼かされる可能性が出てきます。
しかし、幼少期に適切な躾をすることで成長と共に、とても良いパートナーになってくれるでしょう。

躾といっても特別な何かをするわけではありません。
例えば、噛み癖のしつけの場合には、噛まれてもボーダーコリーを見ず、手を動かさない。

そして、噛むのを自ら止めたら褒めてあげるようにしましょう。
噛まれた時に優しく怒る、子どもや女性のかわいらしい高い声で注意すると、飼い主さんが喜んでくれているとボーダーコリーは勘違いしてしまう可能性があります。

きちんと躾をしてボーダーコリーのとの主従関係や信頼関係を構築し、パートナーとしてともに訓練することで、アジリティーと言われる犬の障害物競争や、フライングディスクの大会で、良い成績を残せる可能性も出てきます。

また、ボーダーコリーと共に生活するのであれば、ボーダーコリーの知的欲求や狩猟本能を満たすために、毎日続けられる仕事のようなものを与えてあげましょう。
仕事といっても難しく考える必要はありません。

例えば、ボールで遊ばせる、なども仕事になります。
大切なのは、ボーダーコリーが催促してから遊ぶのではなく、飼い主さんの指示のもと行うことです。
飼い主さんが主導権を握り、ボーダーコリーが仕事だと認識するようにしましょう。

さらに、飼う時は庭など動き回れる広いスペースを確保してあげることが、ボーダーコリーにとって良い環境ということができます。

賢いからこそきちんとした躾が必要なボーダーコリーですが、パートナーとなればこれほど頼もしい犬種はそうそういません。
ぜひ、ボーダーコリーと共に人生を歩んでみてはいかがでしょうか。

Pocket

カテゴリー