ブリーダーの子犬・犬に関するニュース・生活情報・コラムなど | 子犬販売のPUPPIES(パピーズ)

【温和で賢い】家族の一員「ゴールデンレトリバー」

Pocket

09

大型の家庭犬の王様と言ってもいいほど、人気も知名度もトップクラスなのが「ゴールデンレトリバー」
です。
ゴールデンレトリバーはその昔、水陸両用の鳥猟犬として活躍していた歴史があり、ハンターが撃ち落とした鳥を回収(Retrieve:レトリーブ)していたことから、この名前がついたという由来があります。

ゴールデンレトリバーは金色に輝く美しい毛並みを持ち、気品に溢れているため、昔から原産国であるイギリスの貴族達に愛されてきました。
日本でもその人気は高く、現代でも変わらず多くの人に愛されるゴールデンレトリバーの魅力
をご紹介します。

温和で穏やかな性格

10

ゴールデンレトリバーは攻撃性が低く、とても温和で友好的な性格をしています。
自分より小さな体格の動物や、他の犬、小さな子どもに対しても警戒心を出さずに優しく接します。

また、知性が高く辛抱強い服従性の高さから、盲導犬としても活躍するとてもお利口な犬です。
その攻撃性の低さから、番犬には不向きな犬種とも言えます。

かつて人間と一緒に狩りをしていたパートナーだったことからもわかるように、人間の意図を汲み取り、言うことをよくきく従順な犬種です。
無闇に人に吠えることもないので、室内で一緒に生活できる大型犬として定評があります。

遊びが大好きでやんちゃな面も

11

ゴールデンレトリバーは体を動かすことが大好きで、一日中駆けまわって遊んでいても飽きることを知らないやんちゃな一面もあります。

逆に室内にずっと閉じこもっているとストレスを感じてしまうため、その活動的な性格を理解し、毎日運動させてやる事が大切です。
好奇心が旺盛で、学ぶことが好きな犬種なので、自分から進んで色々学習したりふらふら何かに付いて行ってしまったりする所もあります。

しかし、その知性の高さと運動能力の高さから、服従競技において成績優秀な犬種として高い評価を受けています。
何かを咥えて運ばせたり、何かを取りに行かせたりする競技やゲームを得意とします。

立派な家族の一員

12

ゴールデンレトリバーは毎日の運動と同時に、人との触れ合いも欠かせない犬種です。
「自分は家族の一員だ」という意識が高いため、長い時間ひとりぼっちで放置されたり、屋外に繋いでおいたりするとストレスを感じてしまいます。

ゴールデンレトリバーは常に主人が願っていることを察知し、主人に気に入られようと努力する性格です。
家族が静かに過ごしていれば静かに大人しくしていますし、遊びに連れて行けば一緒におもいっきりはしゃぎます。

このように家族と同調し、一緒に行動することに喜びを感じる犬種なので、飼育する方も家族の一員として認めてあげる事が大切です。
体の大きな犬種ですが、室内で家族と触れ合いながら暮らせる環境を作って上げて下さい。

Pocket

カテゴリー