ブリーダーの子犬・犬に関するニュース・生活情報・コラムなど | 子犬販売のPUPPIES(パピーズ)

【世界最小】小さいながらも勇敢!「チワワ」

Pocket

24

世界で公認されている犬種の中で最小の犬が「チワワ」です。
その体重は、成犬になっても2キロほど。
日本でも室内で飼うペットとして、とても人気の高い犬種の一つですね。

チワワの原産国は南米メキシコ。
1850年頃にアメリカ人がメキシコのチワワ州から持ち帰り、より小型化されて現在のチワワの姿に改良されました。
「チワワ地方の犬」という意味の「ペルロ・チワワ―ノ」と呼ばれていたのが、そのまま犬種名となったと言われています。

チワワのルーツは謎がいっぱい!

25

チワワの起源には謎が多く、かなりいろいろな説があります。
中でも有力とされているのは、9世紀頃、メキシコの先住民族が飼っていた「テチチ」という犬が祖先であるという説です。

テチチは小型で吠えない犬で、神聖視され、宗教的儀式で生贄にされることもあったようです。
これまでに発見されているテチチと思われる犬の彫刻には、現在のチワワと良く似た特徴がいくつも
見られます。

この他にも、メキシコに移住した中国人が中国から連れていった小型の犬が起源であるという説や、古代エジプトに起源を持つ小型犬がヨーロッパで知られるようになり、スペイン人によってメキシコに持ち込まれたとする説などもあります。

どの説にもそれなりに根拠がありながら、確証できるものがないため、チワワのルーツはいまだ謎に包まれているのです。

愛らしい大きな瞳とリンゴ型の丸い額

26

チワワの外見は、潤んだ大きな目と、大きな立ち耳が特徴です。
頭は「アップルドーム」と呼ばれる丸みのある特徴的な形で、頭頂に「モレラ」と呼ばれるくぼみがある場合があります。

長毛種の「ロングヘアード」と、短毛種の「スムースヘアード」の2種類に分けられ、日本ではロングの人気が高いですが、最近ではスムースの人気も高まってきています。

チワワの毛色にスタンダードの規定はなく、レッド、ホワイト、クリーム、ブラック&タンなどさまざまな毛色があります。
単色だけではなく、柄の入り方もバリエーションが豊富で、いろいろな毛色を楽しむことができるのもチワワの魅力と言えるでしょう。

勇敢で愛情深く、ヤキモチ焼きな一面も

チワワは小さな体ながら、とても勇敢な犬です。
活発で好奇心旺盛な性格で、自分より大きな犬にも堂々と接したりじゃれついたりします。

27

誰にでもなつくというよりは、一人の人間に愛情を集中させるケースが多く、飼い主にとても深い愛情と忠誠を示すのもチワワの特徴です。
人間から愛情をたっぷりと受けるのが大好きですが、それゆえ飼い主が他の犬などをかわいがることにヤキモチを焼く場合もあります。

チワワは体が小さいため、とても大きな声でよく吠えます。
愛らしいからと甘やかして育てるのではなく、子犬のうちに吠え癖をつけないようにしつけることが
大切
です。
チワワは賢く理解力に優れているため、チワワのしつけはそれほど難しくないと言われています。

Pocket

カテゴリー